花粉の時期に使うなら、アロマデフューザーは加湿機能つきのものを!

スポンサーリンク

アロマライフ、楽しんでいますか?

そろそろ花粉が暴れる時期になってきました。

我が家では、パパンと下の子が花粉症です。
鼻水、目のかゆみ、咳、時にはだるさを訴えています。

特に下の子は鼻が詰まるので、夜眠りが浅いようで辛そうです。

花粉症に効果のあるオイルはこちらに書いてありますので参考に♪

そろそろ花粉が飛ぶ季節。 花粉症の方は、鼻水、鼻づまり、頭がぼーっとするなど 不快な症状が出てくるようになりました。...

でも、花粉って服や髪になどについて家の中にも入りこみ、
家の中を歩くとまた舞い上がります。
それを吸い込むとまた、アレルギー症状が出るようになります。

そんな時は、加湿器を使うと花粉が湿気を含むので
舞い上がるのを軽減することができるんですね。

アロマデフューザーではだめなの?

ミストが出る、超音波式のアロマデフューザーは香りを広げるためのものなので、水を入れておくタンクも小さく、噴出されるミストも部屋を加湿するほどのパワーはありません。

それに比べると、加湿器は部屋の湿度を上げるもの。
湿度が高くなると、ほこりや花粉は舞い上がることが減ります。

と、いうことはアロマの効果をとりいれつつ、かつ湿度を上げてくれるといういいとこどりのものがあればいいなぁ、とわがままな気持ちになるものです。

加湿機能のあるデフューザーはないの?

そこで見つけたのが、

無印良品から発売されている

超音波アロマディフューザー・大(加湿機能付)です。

アロマデフューザーでありながら、加湿機能が付いており、適応畳数は和室だと5畳。洋室だと8畳ほどです。

タンク容量はやく2リットルで連続使用時間は教運転時で6時間使用できます。

おススメポイントは2つ

1.エッセンシャルオイルを専用便に入れると、モード選択により、オイルを自動滴下してくれます。

これなら、いつも新鮮な香りが楽しめるので、香りが薄くなってきたからとオイルを足す手間が省けます。

30mlのオイルの場合、1日約10時間の使用でも約20日間香りを楽しめることができます。

2.タンクの水がすくなってきたとき、わざわざタンクを取り出す必要がありません。画像のように上から足すだけでいいんです。

重いタンクをわざわざ運んでくる必要がありません。なんて便利なんでしょう♪

これなら、花粉の時期にでもアロマの効果を取り入れつつ、加湿もできるので家の中で舞い上がる花粉の量を抑えることができるのです。

使うオイルは?

花粉症に効果のある精油は別記事でも紹介しています(この記事上部に載せています)が、

その他にも、ラベンダー、マートルなどもよいでしょう。

ラベンダーは抗菌、除菌、抗ウイルス、消炎作用が高くリラックス効果もあるので気分も穏やかにしてくれます。

マートルは呼吸器系に効果があるとされ、、咳や鼻づまりに効果を発揮します。
ちなみに、無印では現在ではマートルの精油の取り扱いはないみたい・・・。

我が家でも、ラベンダーの精油は毎日のように使用していることが多いです。
みなさんも、アロマを上手に取り入れて、花粉症の辛い時期を乗り越えてくださいね。

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ
にほんブログ村


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)