アロマってなに?

スポンサーリンク

アロマってなに?

最近「アロマ」という言葉を身近に聞くようになりました。
みなさん、なんとなくアロマというものをご存知ですよね。

しかし、
どうやってやるのがいいの?
どんな香りがあるの?
なにに効くの?

といった小さな疑問などがあると思います。
ここでは、そんなみなさんの小さなものから大きなものまでの疑問を解決できるように
また、普段使いに気楽に楽しめるように、アロマの情報をお伝えしていこう!と思っています。

アロマと聞くと何を思い浮かべますか?
「いい香りがするもの」
「気分を変えてくれるもの」
「体調に影響あるらしい」

植物の香りは体や心にさまざに働きかけてくれます。

アロマテラピーとは

植物、果皮、樹皮などから香り成分を抽出した精油(エッセンシャルオイル)
を使って心身のリフレッシュ、トラブル回避、美容や健康など生活の中で
役立てていくものです。

アロマテラピー? アロマセラピー?
よくどちらが本当?ときかれますが、正しくはどちらも本当。

語源は
Aroma(香り)とTherapy(両方)を合わせた言葉で
Aromatherapyとなります。
フランス語では、「アロマテラピー」、英語では「アロマセラピー」と言います。
なので、どちらを使っても間違いではないんですね。

アロマテラピーの定義とは

AEAJ(公益社団法人 日本アロマ環境協会)では、アロマテラピーを下記のように定義しています。

アロマテラピーは精油を用いてホリスティックな観点から行う自然療法※ である。
アロマテラピーの目的は以下の通りである。1. リラクセーションやリフレッシュに役立てる。
2. 美と健康を増進する。
3. 身体や精神の恒常性※ の維持と促進を図る。
4. 身体や精神の不調を改善し、正常な健康を取り戻す。
※ 自然療法 人間が本来もっている自然治癒力を高めることにより、病気を未然に防ぐ、治癒を促す、体質を改善するなど健康の維持、増進を図ること。

※ 恒常性 体内の変化や環境の変化にかかわらず、体内環境を一定の範囲で維持するしくみ。

(AEAJ HPより)

アロマセラピーは民間療法の一つであり、西洋医学でいう薬のように、病気を治すわけではありません。
自己免疫力、自然治癒力をあげて、健康を増進していこう!ということですね。

アロマテラピーは奥が深い

実際、エッセンシャルオイルは300種類くらいですが、アロマセラピーとして使用されるのは100種類ぐらいです、に現在世界で生産されているエッセンシャルオイル(精油)で、アロマテラピーの用途に使用されるものは100種類以上あると言われています。
アロマテラピストは、それらの精油をブレンドし、それぞれの体の調子、心の調子に沿った香りを作っていくわけです。

ご家庭で楽しむときは、はじめはその香りがどんな成分で、どんな効用があるのかなんてことまでは気にしなくていいです。
まず大事なのは

自分が気持ちい。
好き。

と感じる香りを見つけることです。

精油によっては、使い方に特に注意が必要なものもあります。

でも、まずは自分の感覚、直感で感じる香りを探してください。素直に香りを見つけられれば、きっとそれはあなたの心身を向上させてくれるのに役立っていくはずです。

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)