キャンプ持ち物カゴのすすめ 洗い物に最適ですよ

スポンサーリンク

キャンプでの持ち物の一つに「スーパーのカゴ」をおすすめします。

ん?なんでカゴ??とお思いの方もいらっしゃると思いますが、
このカゴ、じつは一つあるととても役に立つアイテムなんですよ。

今回は初心者のキャンプで一つあるととても便利な「スーパーのカゴ」をご紹介しますね。

なんでスーパーのカゴ??

食事(の後)に役に立ちます。

食事の後にテーブルなどに残っている使用済みの食器や、カトラリーたち。
すぐには洗いにいけないけど、このままテーブルに置いておくのも・・・なんかですよね。

そんな時には、このスーパーのカゴを利用しましょう!
カゴに汚れが付くのが心配な時は、キッチンペーパーを敷いておくといいですよ。

うまく入れれば、小さめのフライパンや鍋なども一緒に入れておくことができます。

洗い物にだって!

そうです。かごに入れた洗い物はそのまま炊事場へもっていけばいいんですよ、奥さん!!

そうしたら、一度中身のものはシンクへ出します。
かごをささっと洗います。

そうすると、あら不思議♪(いや、そんな不思議なことでもないけど)

カゴが水切りカゴになります。

これ、気が付いた人、本当にすごいと思う。炊事場まで持って行くこと、そしてその洗ったものをまたサイトへ持ち帰るというこの苦労がカゴ一つで解消されるんですもの♪

食材を入れておくのに便利です

我が家では、キャンプ場へ行く途中で食材を買うことが多いのですが、その時スーパーのビニール袋に入れておくと、パンなどは変形します。確実に(汗)

その他、野菜などを買ったときもビニール袋だと汗をかいてしまったりすることがあります。

そんな時に、このカゴに入れておくととっても便利!

子どもたちのおやつなどは特に、出すときに袋の中でぐちゃぐちゃになってしまうことが多いんですよ。そんな時も、このカゴに入れておくだけでどこに何があるかわかりやすく、取り出しやすくなるそうです。

キャンプ用品、収納できます。

ちょっとこれはどこにしまえばいいのかしら?

なんて悩んじゃうものも、このカゴにストンと入れて奥だけでOK。
我が家はキッチンペーパーがコストコのもので大きく、ちょっと持ち運びには不便だわぁ、なんて思っていたのですが、カゴに入れてしまえば問題クリアできました。

後は、子どもたちが買った風車・・・ウインドスピナーっていうのかな、それも長さがあったり大きさがまちまちでどこかにしまうのにはちょっと・・・というのもカゴに投げ入れておけば大丈夫でした。

その他、すぐに使うウェットティッシュやら、軍手やらもボンボン投げ込んで入れていました

こんなかごもあります!

【パール金属 テーブルバスケット】

こちら、ふたが付いているので、ふたの部分をテーブルとして使うことができます。

photo by Amazon

こちらのかごは深さがあるので、いろいろ入りそう。

ちなみに我が家は100均の店で購入。
100円ではありませんでしたが、たくさんあっても重ねておけるので便利です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スーパーのかごは本当にいろんな用途に使えます。車載の時でも、中に何かを入れておくことができますし、便利です。

値段もそんなに高くないし、ネットではおしゃれなかわいいかごもたくさんあるのでぜひ探してみてください。

一つ持っていて損はないと思いますよ!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)