これから揃えるならこれ!初心者ファミリーキャンプにおすすめのクッカー

スポンサーリンク

さあ!キャンプ始めるべ!と思い立ったら、鼻の穴を膨らましてながらまず道具をそろえていきます。

ま、だいたい大きいものから揃えたいんですよ。

テント、とかタープとか。
キャンプやります!っていう証みたいのが欲しいからね。

で、キャンプでいわゆる「住」がそろうと次に揃えたくなるのが「食」

コンロなどに続いて「食」を揃えたくなるんです。

そう、家族でキャンプに行くなら、ぜひクッカーを揃えておいたほうがよいです。
今回はそんな初心者なキャンパーさんたちにおすすめのクッカーをピックアップしてみました。

そもそもクッカーってなにさ

とお思いの方もいらっしゃると思います。

クッカーというのは「調理器具」のことを指します。お鍋やフライパンのことね。
でも、それを一つ一つばらばら持っていくのは、キャンパーとしては非常に残念なことで、アウトドア用にそれらがセットになっているものがあります。

今回はファミリーでも使えるタイプを紹介していきましょう。

クッカーは頻繁に買い替えるものではないので、じっくり自分の好みにあったもの、作る料理に合ったものを選んでください

クッカーを選ぶ時のポイント

1.収納性 

キャンプに行くときはできるだけ持ち物をコンパクトにまとめたいもの。いいものを揃えても、一つ一つが存在感ばっちりなものでは、ただ荷物が増えるだけ。ファミリーキャンプではそれでなくとも荷物が増えてしまうので、使いたいものがそろっており、かつそれらが一つにまとめられるのを選びましょう。

2.素材

クッカーの素材は大きく分けて3つ。それぞれに特徴がありますし、メンテナンスも変わってきます。

・アルミ

他の素材と比べて軽いのがメリットですが、ひと昔前のものは料理がこびりつき、メンテに手がかかるのがネックでした。また、耐久性も弱いため、変形しやすいのも困ったところでしたが、最近ではフッ素コーティングなどを施すことにより、こびりつきや耐久性はかなり改善されてきています。

・ステンレス

一番のウリは耐久性。強度があるので多少のことでは壊れることはありませんが、その分重量も増えるので”重たい”んです。
また、熱伝導率が低いため、火加減が難しく焦げ付きやすいのも特徴。ステンレスはさびも出るので、保管などにも注意が必要です。

・チタン

チタンは軽さがウリです。丈夫な素材ゆえ厚みをなくすことができ、薄くできるということは軽く作れるということになります。そして価格も高価になります。
熱伝導率はあまりいい方ではないものの、保温性は高いです。冷めにくく、また冷たいものは冷たいままの状態を保てるのですが、チタンのマグカップなどは持ち手が熱くなるのがネック。

軽さと丈夫さではされていますが、他の素材に比べると、焦げ付きやすいので調理の時には気が抜けません。

また、この3つだけではなく今ではシリコン製なんてものもありますが、まずは王道の素材ということでご紹介していきますわん。

おススメのクッカー

 io家では、実はこのクッカーを初めて買ってからずっと使い続けています。
コンボだと、ライスクッカーが入っていて、これ、すごく簡単にご飯が炊けちゃう。
結構適当に火にかけておいても、いつもおいしくご飯を炊いてくれるなかなかの働き者さんです。
セットはもちろん一つに収納できて、専用バッグにポンと入ります。 持ち運びも便利です。 初めて買いそろえるなら、これで充分使いこなすことができるのでは。

 
 
 
 
 
 

snowpeakのこのシリーズはチタン製とアルミ製と出ていますが、その価格の差は約倍以上。繊細なフォルムなどはやはりsnowpeakならではな感じがして、堂々としてます。

しかし、初めてのファミリーキャンプではこのセット内容ではちょっと心もとないような気がします。
コールマンやキャプテンスタッグのものは、やはりアイテム数が多いので価格もそれなりにしますが初心者には使いやすい、またはあると便利なものがそろっていると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

コンパクトを追求するか、重さや素材を追求するかで選ぶものは変わってきます。

ファミリーキャンプで大事なことは、例えば重さなどは、洗うために炊事場を往復する奥様の負担を考えたりとか、料理を手伝ってくれる子どもたちに安全なものをとか、ファミリーならでは視点で見てみると違ってくると思います。

ぜひ、お気に入りのクッカー見つけてみてくださいね。


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)