ティートリー

スポンサーリンク

★アロマを初めてご利用になる方は

精油(エッセンシャルオイル)の使い方・注意事項をご覧になってから精油を使用してくださいね!!

ティートリ―

オーストラリア東海岸に多く生息し、先住民のアボリジニがケガや皮膚の治療などにこの葉を使用していたといいます。世界第二次大戦時には、オーストラリア兵の常備薬だったそうです。精油には抗炎症作用、抗ウイルス作用などが認められる反面、近年では副作用も報告されています。

香りの特徴

花のようないわゆるいい香りではなく、清潔感のあるシュッとした香りが特徴です。 ユーカリににたグリーン調の香りで、薬品のような香りも独特です。

植物の話

ティートリーの木はフトモモ科コバノブラシノキ属(英語版)の常緑植物です。 細長い形の葉が特徴で、白やピンク色の花を咲かせます。

効能・効果

体へ

抗菌、抗ウイルス作用があり、風邪やインフルエンザなどの感染症、花粉症に効果があります。 また、免疫賦活作用があり、白血球を活性化する効果があります。 幅広い感染症に対してはたらくとされ、カンジタ症・膀胱炎・水虫などにすぐれた効果を発揮します。 のどの痛みにはマスクにたらして利用するのがおすすめです。

心へ

神経系を強壮する働きがあるので、心と呼吸を安定させてくれ、気持ちが沈んでいるときの気分転換や、免疫力の低下による精神疲労などの緩和にもオススメです。すっきりとした香りが集中力や記憶力をアップし、動悸、息切れなどにも効果があります。

その他(お肌に)

抗菌、抗真菌作用により、ニキビや傷に役立ちます。特にニキビ予防には効果的でホホバオイルとブレンドして使用するのも有効です。 また、抗炎症作用もあるので、虫刺されの直りを早くするとも言われています。

オイル・プロフィール

学名 Melaleuca alternifolia
英名/和名 Tee tree/ゴセイカユプテ
科名 フトモモ科
抽出部位
抽出方法 水蒸気蒸留法
主成分 テルピネン-4-オール、γ-テルピネン、α-テルピネン、パラ-シメン、α-テルピネオール、1,8-シネオール、α-ピネン、リモネン
主な産地 オーストラリア・南アフリカ・

注意事項・禁忌

・ティーツリーに含まれる1,8-cineole(シネオール)による肌への過敏症が報告されています。敏感肌の人は注意をして下さい。 ・ネコ科の動物は遺伝的にエッセンシャルオイル(精油)の成分を上手く代謝することができないことが近年判ってきました。毒物を上手く解毒できずに中毒を引き起こしてしまいます。ネコちゃんがいるお家では使わない方が安全です。

オススメオイル

仲良しオイル

・ローズマリー ・ラベンダー ・ユーカリ ・カモミールローマン  など

おススメする使い方

お風呂に、芳香浴、ボディー・ハンドケア、ヘアケア、スキンケア、

カビ予防もあるのでホームケアなどに。

以上、ティートリーでした。

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)