キャンプ場で使う洗剤、食器洗いに最適な洗剤は?

スポンサーリンク

キャンプで必ずついて回る作業。
それが「食器洗い」です。

特にキャンプで使用する食器は油汚れのものが多いので、洗浄力が強い洗剤をどうしても選びかち。

でも、ちょっと待ってください。

それって、とても自然たちには厳しいことになっているのです。

キャンパーだからこそ自然環境をもっと考えたい。
そんな思いもこめて今回は環境に優しい洗剤、洗う前の工夫などをご紹介します。

洗剤の影響

普段使っている食器洗い用の洗剤は汚れが落ちやすいように成分を配合した合成洗剤です。
住宅では下水処理をしているので、合成洗剤でも構わないのですが、キャンプ場では下水処理をしていないところはそのまま近くの川や地面に流すだけというところも多くあります。

と、いうことはこの合成洗剤が川に流れ込むと、河川の生態系に対して悪影響を与えかねません。

下水処理施設を備えていな川沿いのキャンプ場では汚水を一時的に貯水し、微生物を利用した設備で自然分解処理をしているところもあります。
合成洗剤では自然界に存在する微生物は、分解することが出来ずに自然環境の中に蓄積されてしまうんですね。

自然環境に優しいキャンプをするためには、できれば洗剤を使用しないのが一番ですが、せめて環境にやさしい洗剤を使用したいものですよね。

洗剤で洗う前に!

 キッチンペーパーや、スクレイパーで汚れを落とす

洗う前に食器の汚れをキッチンペーパーなどで拭いておけば、使う洗剤も少なくて済みます。ペ―パーで拭いた場合は、そのペーパーを焚き火などに入れてしまえばゴミにもなりません。

スクレイパーも、一つ持っていると便利です。これなら一つで食器の汚れをこそぎ取ることができますよ。

 フライパンや鍋のこびりつきは一度沸かす

フライパンにこびりついた油汚れや、鍋についたカレーなどはペーパーでふき取った後、その鍋でお湯を沸かしましょう。

こびりついた汚れが熱によって浮かび上がるので、簡単に洗剤も少量で落とすことができます。

おすすめの洗剤は?

エコ洗剤と呼ばれるもの、植物洗剤や、オーガニック洗剤は流した後に洗剤が分解するように作られています。

以前は、そのような洗剤を使うと手が荒れてしまうので、ioもちょっと苦手な感じでしたが、今では手肌に配慮されているものもだいぶ増えてきたようです。

【エコベール】

再生可能な植物とミネラルを使用し、自然や肌にやさしいだけでなく、洗浄力はちゃんとある洗剤、それがエコベールです。

ボトルも100%再生プラスチックを利用しており、中身だけでなく容器も自然環境を配慮したものとなっています。

【しゃぼん玉台所せっけん】

シャボン玉台所せっけんは香料、着色料、エデト酸塩(EDTA-4Na)などの酸化防止剤を使用していない無添加石けんです。

天然の保湿成分を含んでいるので手肌にも優しく、排水として流れても短期間のうちに水と二酸化炭素に分解され、石けんカスは微生物や小魚のエサとなるので、川にそのまま流すようなキャンプ場でも環境に優しい食器洗剤です。

お魚も喜ぶ洗剤なんて♪

【フロッシュ】

ドイツ語でカエルを意味するフロッシュは、1986年に環境先進国のドイツで生まれ、世界40ヵ国以上で愛されている洗剤です。ヨーロッパの厳しい環境基準を満たしておりキャンプ場でもご家庭でも安心して使うことが出来ます。

「環境」への負担を最小限に抑えつつ、きちんと洗える「洗浄力」なのに「人にやさしい」成分であるということから、キャンプで食器を洗うのには適した洗剤となっています。

改良を重ねて全カラーともノンアルコールになったことで手荒れしにくい洗剤になりました。
自然環境下では、微生物によって水と二酸化炭素に分解されます。メーカーの試験結果からは4週間後には、フロッシュの約90%が分解され自然に戻るといわれています。

【ヤシノミ洗剤】

サラヤ株式会社は、1971年、業務用洗剤として誕生してから、家庭用として普及したエコ洗剤です。手肌に優しく、手荒れしないといった高評価と植物由来の原料を使用していることで、洗った後の排水が河川に流れてもすばやく微生物によって分解され、環境への負荷が少ない環境配慮型の洗剤というのが特徴です。

環境に優しいというコンセプトから、ヤシノミ洗剤には香料や着色料が一切使われておりませんが、製錬度が低いヤシ油などでは、この透明度を出すことは出来ません。

原材料の供給農園もサラヤ社と契約をしている農園のみという品質へのこだわりを持っています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

楽しいキャンプの食事の後には必ず食器洗いがついて回ります。
そんな時でも、ちょっとした心がけで環境に配慮できるのです。

子どもたちと食器洗いをしながら環境のお話をしてみるのもいいかもしれませんね。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)