これを見れば大丈夫!愛犬と新幹線・電車に乗る方法&マナー

スポンサーリンク
ワンコお役立ち

みなさん、こんにちは。

ioです。

ファミリキャンパーの母ちゃんと、柴犬つむぎの母ちゃんをしています。

ここではワンコページとして、つむぎとの日々やワンちゃんたちに役に立つ情報をお届けしております。

 

つむぎ
つむぎ

僕が柴犬のつむぎです。カーペットの端っこがLOVE・・・

ioや登場する家族、つむぎについて詳しくはこちらで確認できますので、よかったら読んでみてください。

今回は、ワンちゃんと電車・新幹線に乗るときに、覚えておくといい情報を紹介します。

これを読めば、愛犬との旅も行動範囲がぐぐっと広がりますよ!

犬は新幹線・電車にのれるの?

答えはYESです。

とはいえ、鉄道会社によって持ち込めるケースの大きさや重さが違ったり、運賃も変わってきます。

例えばJRの場合ですが、身体障害者補助犬法に定める盲導犬、介助犬、聴導犬は使用者本人が随伴する場合、法に定める表示等を行っている場合のみ無料で使えます。

なので、愛犬の場合は有料になるんですね。

 

どうすれば?

では、どうすれば犬と一緒に電車に乗ることができるのでしょうか。

JRによると、HPに次のような記載があります。

小犬、猫、鳩またはこれらに類する小動物(猛獣やへびの類を除く)で、

  • 長さ70センチ以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90センチ程度のケースにいれたもの
  • ケースと動物を合わせた重さが10キロ以内のもの

と、いうことは70×90×90以内のキャリーケースに入れて行けばOKということになります。

ただし、車内ではケースから出すことはできません。

と、いうことはですよ、逆に言えば上記の大きさのキャリーケースにずっと入っていられる大きさのワンちゃん、ということになりますよね。
(ケースには全身が入っていないとだめ。頭などの一部を出すのはNG行為になります)

 

ちなみに、先ほども書きましたが、各鉄道会社で規則は変わってきます。
JR以外の鉄道を使う場合には、各鉄道会社に問い合わせするなど、確認をしてくださいね。

 

ちなみに、つむぎが入っているキャリーの大きさは

36.5×57×36.5H(cm)

なので、大きさはOKなのですが、重さがギリギリかもしれん!
こりゃ新幹線に乗る前に少しダイエットしてもらわないといけないか!?

新幹線・電車にのれるキャリーとは?

さて、大きさはわかりましたが、どんなキャリーケースがいいのでしょうか。

まずはNGのもの(JRの場合)

  • ドッグスリング
  • ペットカート

上記のものは体や頭が全部収納できたとしても、使用することはできません。

おススメのキャリー

キャスター付きキャリーバッグ



引用Amazon


荷物を持って、ワンちゃんのキャリーケースを持って駅を歩くのは結構重労働になります。

そんな時には、キャスター付きが便利、楽ですよ。

 

 

もう、キャリーケースは持ってるんだけどなぁ、キャスターついてないよ、というかたはこちらはどうでしょう⁉

・ハードタイプ

長時間の移動の時には、ソフトタイプよりハードタイプの方をおススメします。

人が多い場所での移動は、ぶつかったりしたときなど衝撃がわんちゃんにかかりります。その衝撃を少しでも少なくするために、ハードタイプのキャリーバッグを使いましょう。

 

ハードタイプだと、このリッチェルのキャンピングキャリー・ダブルドアが人気のようです。
これを使ったレビューは下記の記事の中に記載していますよ。よかったらご覧あれ♪

 

その他、リュックは使えますか?なんていう質問もありましたが、リュックは犬が座った姿勢で長時間すごすことになります。

長時間の移動になる場合には、ワンちゃんにとって快適な環境とは言えないようです。

犬と新幹線・電車に乗る料金は

犬の乗車料金を調べる場合には、鉄道会社で「手回り品」として検索すると、スムーズに見つけることができます。

JRの場合、1個につき290円です。利用する改札口で「手回り品」を見せてから、「手回り品」切符を購入します。

手回り品って?

手回り品という言葉、聞きなれない方も多いかと思いますが、「いつも身辺において使用する物」「旅行の時などに携帯する物」と解説されています。

そして、犬は日本では犬は飼い主の財産として認識されているため、「物」扱いになります。

なので、「手回り品」という表現がされるんですね。

ちょっと、愛犬を「物」扱いされるのには、素直に受け入れがたいところはありますが・・・。

 

電車に乗るときのマナー・準備

では、実際に乗るときにはワンちゃんと一緒にどう過ごせばいいのでしょうか。

乗る前にしておきたいこと、乗ってからのルールやマナーを事前に確認しておきましょう。

乗る前には

キャリーに慣れておこう

普段から、キャリーに慣れさせておくようにしましょう。

いきなり新しいキャリーに入れて、電車に乗る人は少ないかと思いますが、ワンちゃんにとっては不安で一杯!

まずは、そのキャリーが自分が一番安心できるところだと認識できるぐらいになるのがベストです。

 

ウンチ、おしっこは済ませておこう

ワンちゃんは、駅構内でもキャリーからだすことはできません。

駅に入る前にはせめておしっこは必ず済ませておきましょう。

キャリーの中にトイレシートを入れておくのもアリですが、ワンちゃんがかじって遊んだりしないように注意する必要があります。

電車に乗ってからのルールとマナー

座席にキャリーを置くのはNG

空いているからと言って、座席にキャリーを置くのはNGです。

そして、網棚に置くのももちろんNG。
キャリーの中で動いた時にバランスを崩して落ちてしまうことも考えられますし、非常に危険です。やめましょう。

飼い主さんが座っている場合には、膝の上や足元に置くのがベターです。

ただし、混雑しているときなどは、膝の上ではなく足元に置く方が他の人への迷惑度も下がります。

 

他の乗客への配慮を忘れずに!

乗客の中には、犬が苦手な人もいます。犬アレルギーの方もいます。

そして、犬を電車に載せること自体、否定的な人もいます。

たとえ、迷惑をかけることがなくても、大勢の人の中にワンちゃんを連れているという認識を忘れないようにしてくださいね。

そして、できれば周りの人にワンちゃんを連れている気配を悟られないようにすることもほかの乗客への配慮につながります。

目的地についたら、リラックス&休憩を!

長時間の移動では、人様だけではなくワンちゃんも疲れ、ストレスを感じています。

目的地に着いたら、なるべくすぐにリラックスできる環境で休憩をとるようにしてくださいね。

 

まとめ

初めてのワンちゃんとの電車の旅は緊張するかもしれませんが、慣れてくれば行動範囲も広がります。

マナーを守ることは大前提ですが、訪れる駅でのエレベーターの場所などを調べておくことも大事だったりします。

事前の準備を怠らずに、ワンちゃんとの素敵な電車の旅を楽しんでくださいね!

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました