アウトドアではもう必須!?キャンプでもおすすめのフリースを紹介します

スポンサーリンク

今や、街着として手軽なお値段で買えるフリース。
温かくて、色やデザインも豊富で、着やすい。

でも、ちょっと待って下さい。

寒い時期のキャンプに着るのには、安いフリース、それではちょっと心もとないかも・・・。

今回は、アウトドアで着るのにおすすめのフリースを紹介していきます。

そもそもフリースって?

フリースとは、元々の意味は一頭の羊から刈り取られた一つながりの羊毛のことです。

しかし、現在では、化学繊維である「ポリエステル」素材を使用した織物を起毛させて、
織物ながらもフエルトのような折り目のない毛羽だった表面に加工したものをフリースと呼んでいます。

なので、「フリース」とは生地の名称で、みなさんが着ている「フリース」とは、正しくは「フリースジャケット」、フリースを使っている服ならば「フリースウエア」と呼ぶのが正しいのだそう。

特徴としては保温性があるので温かく、簡単に洗濯ができる上に、早く乾くなどのメリットがありますが、反対に毛玉ができやすく、静電気も起きやすい、そして何よりも火に弱いので、
焚火などの飛び火ですぐに穴が開いてしまう、などのデメリットもあります。

安価なフリースがもはや主流な感じは否めませんが、アウトドアブランドが出しているフリースは高機能な素材やシーンにあった機能的な作りで作られているので、やはり使ってみると違いがわかります。

フリースと言えばパタゴニア

と、言われてもおかしくないくらい、パタゴニアのフリースを愛用しているキャンパーさんも多いはず。

フリースとはいえ価格は結構いい値段がするので、おいそれと増やしていけるものではありませんが、一つ持っていればいろんなコーデが楽しめます。

中でも、今人気があるのがベスト。

【パタゴニア フリースベスト レトロX】

袖がないじゃん!とお思いの方もいらっしゃるとは思いますが、このベスト仕様のため、ジャケットではなくインナーとして使用する人も多いです!

冬だけではなく秋から春先までロングシーズン使えるので人気。

【パタゴニア シンチラ・スナップT・フーディ】

photo by patagonia

シンチラとはパタゴニアがモルデン・ミルズ社と共同開発したモコモコした化繊のパイル地で柔らかく保温力、通気性、速乾性も高く、発表された1985年当時にはかなり有名になりました。

いわゆるフリース素材を当時販売していたのはこのパタゴニアだけ。なので、シンチラという名称で発売していたわけですが、他のメーカーが販売してもシンチラと呼ばれることが多かったのですが、登録商標をしていたため実際に使うことはできず、フリースという名で売られるようになったわけです。

【パタゴニア フリースRシリーズ】

photo by patagonia 画像はメンズ・R2テックフェイス・ジャケット

Rシリーズの「R」とは調節装置(regulator)の意味です。R1、R2と番号が増えて行くほど保温性が高くなります。

番号の増え方は製造された年数によって違うみたいですね。

形はややタイトで、ミドルレイヤーとして着るのに適しています。軽いので重ね着しても問題なし!特にR2はファッション性も高いので街着として着ている人も多いです。

日本のメーカーならモンベル

日本のアウトドアメーカー、モンベルのフリースも人気ですね。価格も海外ブランドのものよりも手軽に購入できる価格設定が多いのも魅力。

サイズも日本人あった設計なのでサイズに迷うこともありません!

【モンベル シャミース ジャケット】

photo by mont-bell

人間の毛髪の10分の1という極細のマイクロファイバーを密に編んだ素材は、繊維の間に沢山の空気を蓄えることができ、保温性と通気性のバランスがよく取れています。表面は非常に滑らかな短起毛地でとってもやわらかな肌触り♪
汗をかいてもすぐ乾くのも特徴です。

【モンベル クリマエアライニングジャケット】

photo bay mon-bell

滑らかな毛並みと軽やかな風合いを持つクリマエアを使っているモデル。毛足の長いフリース素材なので、高い保温性を持ちとても暖かい♪

軽いのでかさばらず、軽さを求めるハイカーに人気ですが、街着としてもメンズ、レディースともに人気のあるアイテムの一つ。

歴史のあるマムート

「マンモス」のロゴで有名なマムート。その歴史は150年を超え、現在でもプロの登山家にも愛用されるだけではなく、世界50か国以上で展開されているブランドです。
また、今ではその登山ウエアから派生したハイク用品なども多く展開。日本でも愛されているブランドの一つです。

【マムート アコンカグア ライト ジャケット】

photo by MAMMUT

山の天候に対応するように作られたという機能的なジャケット。伸縮性のある素材が動きに合わせてくれるので着心地がよく、シルエットが美しいのでレディ‐スも人気があります。
登山家に沿って作られた設計も魅力的で、バックパックによる摩擦を防いでくれる機能も〇。



【マムート Logo ML Hooded Jacket Women】

photo by MAMMUT

両面に伸縮性のある素材を使用し、動きやすさを実現したジャケットです。デザインもモダンで前側が後ろよりも短くなっています。これは、オサレ。

まとめ

今や、冬のファッションで見ない日がないフリース。
機能性を求めても、そのデザインも負けておらずおしゃれなものがたくさん出ています。
今回、紹介できなかったブランドがまだまだありますので、他の時にご紹介していきますね。

にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ