ハーバリウム キットがきた! 初心者として作ってみる

スポンサーリンク

さて、あのキラキラのお花の瓶に心を奪われ、さっそくキットを購入した私ですが。

来ましたよ!!ハーバリウムキット

購入にいたる私がコーフンして鼻を膨らました話はこちらからどうぞ。

本当に突然なのですが、 ふと雑貨屋さんでみつけたきれいな小瓶。 瓶の中にお花畑がひろがってるぅ。 光りが通って...

さっそくハーバリウムのキットを開けてみる

箱を開けるとこんな感じ。わくわくしてくるぅ♪

思ったよりも、お花たちはコンパクト。こんなんで足りるのか?と思ってしまった。
そして紙コップになんだ?と驚いている感じです。

でも、かわいい手書きのメモがはってあったのでちょっとほっこり。
こういうの、好きです。

中身を出してみると、(今回は2セット購入しています)

  • 取扱説明書(作り方説明)
  • オイル入りの瓶
  • ブリザーブドフラワー
  • 竹串
  • 謎の紙コップ
  • リボンとシール

そして画像にはありませんが、ギフト用の紙バッグ(別注)が入っておりました。

ここでふと

オイルってあとから入れんじゃなかったか?

という疑問がかすかにあたまをよぎりましたが、ワクワクしていたのですぐ忘れる。

ハーバリウムをさっそく作ろう!

作り方説明書は、とっても親切に書いてありました。

・オイルを後から入れるはずなのに入っている・・・

・紙コップ入ってるし・・・。

という疑問はHPにかいてありました^^;(ちゃんと読めよ)

ボトル内のオイルを紙コップに移して花材をいれてからオイルを満たしていく方法は、花材が固定されやすく初心者に向いているメソッドなんですって!!

4分の1ほどボトルに残しておきます。

いよいよボトルにお花を詰めていきます!!

私は竹串ではなく、ピンセットを使用。
ハーバリウム用に先のまがったものと、とがっているものがありますがまっすぐにボトルに入れるには、私はとがったものを使った方がやりやすかったです。

しかい、この花を入れる作業、これがなんとも

難しい・・・

思ったところに花は入ってくれないし、長いものは重ねるのが難しい。

でも、負けないで入れてみる!!

ぎゅうぎゅうに押し込まず、ふんわりといれましょう。
と説明書にあったので、最初はおっかなびっくり。
下にオイルが残っていることもあって、下にだいぶ空間が開いてしまいました。

次回からはもっと下から詰めるようにしよう。

さっそくオイルを入れてみよう!

花が詰め終わったら、形が崩れないようにそぉっとオイルを入れていきます。

説明書には

「傾けながら」

と書いてありましたが、ioは上からどぼどぼ~(だからちゃんと読めって)。
でも、そんなに崩れることはありませんでしたよ。

オイルを入れたものがこれ。

この時に初めて気が付く。

花って上じゃなくて、外側に向けたほうがいいのですね

つい、花は上に向かって咲くものだという固定概念から上向きで詰めてしまいましたが、
いやいや、花は外に向かっておいたほうがきれいです。

丸いボトルなので、全方向から見てしまいますが、裏表があってもよさそうです。
ならば、表に花を向けたほうが断然まとまる。

できた~!

最後にリボンとシールを貼って完成!

リボンがあまりにも落ち着かないので、シールで落ち着かせてやったぜ。

それにしても、このバランスのなさ。
下のほうが開きすぎちゃったのでピンセットでぐずぐず動かしてみたら、実際には上のほうが今度開きすぎちゃってるし。

花の方向も定まってないから、裏側が見えたりしてる・・・。

うーん。これはちょっと残念なできだ。
次回はもうちょっとバランスよく瓶に詰めていくようにしよう。

最後に

いかがでしたでしょうか。io、初めてのハーバリウム作成でした。

もうちょっと落ち着いて、時間をかけて花を詰めていってもいいかもしれません。

今回はちょっと焦り気味でした。

でも、どんなものか手ごたえは感じられたので、次回はバランスをよく考えながら作ってみたいと思います。

にほんブログ村 その他趣味ブログへ


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)