アロマの資格 種類 
-国際アロマセラピスト連盟(IFA)-

スポンサーリンク

アロマの資格・種類
今回はIFA国際アロマセラピスト連盟(IFA)です。

IFA国際アロマセラピスト連盟(IFA)

 IFA(the International Federation of Aromatherapists)は 1985に設立された臨床とホリスティックアロマセラピーを初めて世界的に展開した国際機関です。

IFA認定校でコースを受講し、試験を合格するとIFAの正会員とそれぞれの資格を取得できますが、費用が高額なのと、学習期間の長さを考慮すると、本格的に学びたい人向けです。

それでも、この資格は国際的に認知度が高い資格といえます。

詳細は

IFA国際アロマセラピスト連盟(IFA) 公式HP

 

資格の種類

・プロフェッショナルアロマセラピー ディプロマコース

ホリスティックなアロマセラピー、エッセンシャルオイルやキャリアオイルの治療効果マッサージ療法、事業開発などについての授業が行われます。

期間は最短で9ヶ月

試験に合格すると、IFA正会員の資格が与えられ、MIFAの称号の使用が認められます。

<資格について>
コース、及び試験終了後、試験に合格すると資格を取得できます。

プロフェッショナル エッセンシャルオイルセラピー ディプロマ(PEOTコース)

エッセンシャルオイルの使用法および治療効果を学び、実務の中で取り入れようと努める、他の医療関係者や補完医療に携わる専門家の期待に応えることもできます。

試験に合格するとIFAのPEOT正会員の資格が与えられ、MIFA-EOTの称号の使用が認められます。

期間は最短で9ヶ月

<取得条件>
コース、及び試験終了後、試験に合格すると資格を取得できます。

・アロマタッチケアコース

アロマタッチケアコースは、接触とマッサージによって思いやりと理解を伝えることを目的としたコースです。

<取得条件>
こちらはカリキュラムが組み込まれた実地訓練形式となっています。受講者には個別指導教員からマニュアルが渡され、IFA介護専門スタッフとして登録されます。35時間の個別指導を含む合計70時間の授業は週5回に分けて受けることができます。

アロマタッチコースを終了した生徒にはIFAの能力証明書が与えられ、IFA介護員として登録されます。

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)