いわき市遠野オートキャンプ場周辺情報 初心者ママのファミリーキャンプ

スポンサーリンク

さて、8月の15日~17日かけて、湘南から約4時間かけて、
いわき市遠野オートキャンプ場へ行ってきたわけですが、
その際に立ち寄った、施設「いわき市石炭・化石館 ほるる」をご紹介します。

いわき市石炭・化石館 ほるる

いわき市石炭・化石館は、常磐炭田の採炭の歴史と、市内で発掘された化石や、
地球の歴史を物語る化石資料が展示してあります。

いわき市は元は炭鉱で栄えた町だったんですね。

いわき市石炭・化石館 ほるる
〒972-8321 福島県いわき市常磐湯本町向田3-1
TEL:0246-42-3155

開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日  第三火曜日(第三火曜日が祝日・振替休日の場合は翌日)及び1月1日
入館料  大人650円 中・高・大学生430円 小学生320円

※65歳以上のいわき市在住の方は無料です。
※いわき市在住、または市内の学校に通う小・中・高校生は土日無料です。
入館の際に年齢、在住、在学の確認できるものをご提示ください。

※身体障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳を所持している方も無料です。介護者も無料になる場合がありますので、詳しくはHPで確認してください。
URL:sekitankasekikan.or.jp/information.html

エントランスを入ると、すぐに大きな恐竜の化石(フタバサウルス・スズキイ)が出現!

これで、子どもも私もちょっとテンションがあがりました。

展示してある化石たちは思ったよりもダイナミック、実際に触れたりするものもあります。

そして、模擬坑道へ続くエレベーター(これが、結構凝っていて、子どもたちの恐怖心をあおります)で地下600m(のつもり)で行動へ入っていくと、
当時の石炭を掘る様子が、リアルに再現されています。

これがかなりリアルで、暗い坑道で働く方たちが展示してあるものだから、
弟君は恐怖でしかない。

早く出たい!

そればかりをつぶやき、まるでお化け屋敷に連れていかれたかのように
ビビっていました。

私的にはとてもよく再現されていて、おもしろかった。
弟君のビビりがなければ、もうちょっとゆっくり見ていたかったのだ。

Photo by いわき市石炭・化石館 HP

他にも昭和10年頃の炭坑で働いていた人の生活などがわかる展示や、屋外にも坑車の坑口が保存してあり、歴史を感じることができる展示がありました。

外には機関車D51の展示もあり、子どもたちのテンションここで再び上がります。

帰りには、お土産もかってまたキャンプ場へ戻りました。

(この後、暴風雨にあったのですが・・・)

屋内で過ごすのがほとんどなので、暑い夏の日にちょっと涼みがてら
見に来るのもいいかと。

私は前述したとおり、模擬坑道をもう一度見てみたいので
また来たいなと思っております。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)