冬のキャンプに!石油ストーブの選び方とおススメ石油ストーブ

スポンサーリンク

昨年、キャンプデビューをし、初めての季節をむかえつつ過ごしておりましたが、11月に入り初めて寒さを体感しました。

夕方ごろから冷えてきて、もう焚火のそばから離れなかったので、パンツなどは火の粉で穴が開く始末・・・。

そんな時、お隣のキャンパーさんが車からあるものを取り出したのです。

そ、それはストーブぢゃないですかっ。

でも、寒い時期にはやっぱり暖かいものがほしい。 薪ストーブもなんかやってみたい。 でも、高価そうだし、どんなものかもわからないし。そんな時にはレンタルという手があります。 今回は、薪ストーブをレンタルしてくれるキャンプ場を探してみました。

初心者キャンパーにとって、屋外でストーブを使うという発想は全くなく、目からうろこ状態。

なので、今年はぜひ購入したいとたくらんでいるioなのですが、その前に石油ストーブについての豆知識と、おすすめの石油ストーブをご紹介していきます!

石油ストーブとは

最近では、石油ストーブの人気が再加熱。他の暖房器具とは一味違う、暖かみの奥深さや、嗜好品としての一面が注目されています。

身体を芯から暖めてくれる石油ストーブは灯油を燃料にした暖房器具のことを指します。今でこそガソリン、軽油、重油、ケロシンなど色々な石油燃料がありますが、灯油ストーブと呼ばないのは、まだ幅広い石油燃料の種類が知られていなかった頃の名残りで石油ストーブと呼ばれています。

ファンヒーターとの違い

石油ストーブと似たモノに石油ファンヒーターがあります。石油ストーブと違い、ファンヒーターは、送風ファンを使って熱風を送り出して部屋を暖める暖房器具です。ファンで送風するため、暖かい空気が循環しやすいですが、ファンの音がしたり、電気代がかかります。

また、石油ストーブは燃焼中に水分を発生させるため、部屋を適度に加湿できます。上部にやかんなどを置けば、さらに部屋の湿度を上げられます。

石油ストーブの種類

石油ストーブには、反射式と対流式の種類があります。

出典:石油連盟

部屋全体を温めるのはもちろん、炎から出る遠赤外線(輻射 熱)をストーブの前方に反射する反射板が取り付けられており、それにより一方方向への暖房効果が特に高いのが特徴的な「反射式」のストーブ。部屋の角や端に配置することが多いストーブです。

Photo by 石油連盟

機器周り全体に熱が放射されるタイプの石油ストーブ。熱ストーブの近くで暖められた空気が上昇すること(自然対流)で、部屋の中に 空気の流れを作り、部屋全体を暖め、効率よく暖房する効果があります。部屋の中心に置くことが多いストーブです。

石油ストーブの選び方

サイズ

ファミリーやグループで使う場合は大型石油ストーブを選ぶと自宅用と兼用して使うことができますよね。

特に家で使う必要がなく、秋冬キャンプ用としてだけ使いたいというソロキャンパーさんの場合はコンパクト軽量設計のものが移動もしやすいです。小さいものであれば約30×30×45(幅×奥行×高さ)と持ち運びも楽で収納性もOK。

車に積むことも考えて、大きさはよく考えてから決めましょう。

暖かさ(暖房力)

温かさを求める場合、ストーブの目安は部屋の大きさになります。大型になればそれだけ部屋の広さの目安も15畳以上とかになりますが、やはり大きさも重たさも増えます。

外で使用するのか、テントなどのシェルター内で使用するのかによっても大きさは変わってきます。5㎏ほどの小さめのストーブでも6畳ぐらいを暖めるパワーがあるのでテント内で使用するには問題ないと思います。

燃料タンクの大きさ

燃料タンクの大きさが違うということは、積める燃料の量の違い⇒点けていられる時間の長さ、ということになります。発熱量の違いでも燃焼時間は変わってくるので、購入の際にはよく詳細を確認するようにしましょう。

短いものでは5時間、長いものだと15時間以上なんてものあります。

人気石油ストーブ

●フジカハイペット

私が目ん玉飛び出てびっくりしたストーブがこちら、フジカハイペットでした。
歴史ある国産メーカ株式会社フジカが、発売しているこのストーブは燃料タンク満タンで約
10~12時間、木造ならば約8畳ほどの暖房力があり、耐久力も抜群。

電話のみでの購入受付ですが、毎年大人気のためシーズンになると納品に結構日にちがかかることがあるので気を付けて!

●サイズ:(高x横x奥) 432x330x330mm 
●重量:5.6kg
●発熱量:2.5kw(2150kcal/時)
●使用燃料:灯油
●燃料タンク安全量:約3.6L燃焼時間:12時間
●電源:なし、ガスライターなどで着火

●トヨトミレインボーストーブ

特殊ガラスコーティングにより7七色に映し出されるストーブの火が特徴的な「トヨトミレインボーストーブ」は出力・サイズ・価格・扱いやすさなど総合的に見てコストパフォーマンスが良く、キャンパーさんもこれを選ぶ方が増えています。

また、タンクが2重構造となっており、倒れても灯油がこぼれない!
これは、キャンプに行く際、車に乗せても安心ですな。

画像はランタン調ですが、クラシック調もあり、デザインもかわいいですよ。

●サイズ:幅388×奥行388×高さ485.7mmn
●重量:約6.2kg
●発熱量:2.50~1.25kwn
●タンク容量:4.9Ln
●燃焼時間:20.2~40.2時間
●電源:単2乾電池×4

アラジンブルーフレーム

80年以上も基本構造が変わらないというアラジンブルーフレーム。名前の通り、青い炎とオーラ溢れるストーブです。この美しい炎を継続させ安全に使うためにマメなお手入れが必要となります。耐震設計も組み込まれているので安心。一生モノのストーブとして愛用するユーザーが多いストーブです。

アラジン ブルーフレームヒーター
●サイズ:幅388×奥行405×高さ551mmn
●重量:8.5kg
●発熱量:2.6Kw
●タンク容量:4.1L
●燃焼継続時間:約15時間給油
●電源:なし、ガスライターなどで着火

アルパカストーブ

珍しい韓国製の「アルパカストーブ」ですが、圧倒的に出力が大きく煮炊きするときに重宝します、そのパワフルさはキャンプでも頼りになるるし、売りはなんといっても頑丈さ!耐震消火装置付きの最新モデル”TS-77A”も登場しました。

韓国メーカーの製品につき、購入は代理販売店からの個人輸入となります。そして、不具合の口コミもチラホラ。気になる故障・不備対応については、日本国内に業務委託されているようです。

●サイズ:幅323×奥行323×高さ450㎜
●重量:6.4㎏
●発熱量:3.84kw
●使用燃料:灯油
●タンク容量:約6.0L
●燃料消費量:0.38L
●連続燃焼時間:約15時間
●電源:なし、ガスライターなどで着火

最後に

いかがでしたか。
寒い冬のキャンプもストーブがあれば快適に過ごせそうです。
ストーブの上に鍋などが載せられるものだったら、食事の幅もひろがります。

ぜひ、この冬にはストーブをもってキャンプにGO!です^^

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)