雲見オートキャンプ場周辺情報!立ち寄ったお店など

スポンサーリンク

湘南地方から車で約3時間ほどの雲見オートキャンプ場。
近くには雲見温泉もあり、のんびりできるところです。

今回は、ioたちが実際にキャンプをした時に立ち寄った場所をご紹介します。

東名を使って136号に出るなら堂ヶ島

湘南から新東名を使ってくる場合だと、長泉沼津で降り、伊豆縦貫自動車道を通って修善寺方面から伊豆へ入ります。
そのまま136号線に入り、海沿いを走り続けると、堂ヶ島を通ります。

堂ヶ島で洞窟めぐりをしよう

堂ヶ島では、「堂ヶ島洞くつめぐり遊覧船」が出ています。この遊覧船、天窓洞と呼ばれる凝灰岩でできている海触洞くつで入口が東口、南口、西口と3 つあり、特に南口から入る洞くつは巾も広く長さは147m にも達します。中央は天井が丸く抜け落ちて天窓をなし、洞くつ内に光が射しこんでとっても幻想的。

魚季亭

その、遊覧船乗り場のすぐ近くに「堂ヶ島小松観光センター」があり、そこには魚季亭(ときてい)という和食レストランがあります。

ここでのおすすめはぶっかけ飯。
始めは出てきたたれをかけて食べ、途中で温泉卵を乗っけてトロリと。
最後には出汁をかけてお茶漬け風にして食べる!

私は鯛のぶっかけ飯をいただきました。
おいしかった!!!

1620円なり

この場所の道路を挟んで向かい側には加山雄三ミュージアムがあります。
お店は広いので、そこの団体さんも利用していました。

ちょっと足を伸ばしていいなら

我が家では2泊3日のキャンプのうち、2日目が完全フリーだったのでちょっと足を伸ばして下田海中水族館へ行ってきました。

下田海中水族館

〒415-0023 静岡県下田市三丁目22−31
TEL:0558-22-3567
営業時間:平日 AM 9:00〜PM 16:30 土日 AM 9:00〜PM 17:00
料金:
大人(中学生以上)2,000円 小人(4歳から小学生まで)1,000円
※雲見オートキャンプ場に割引券置いてありました!
※障がい者手帳を持っていると一般料金の半額になります。
大人2,000円→1,000円、小人1,000円→500円。
又、障がい者1名につき、付添い1名が同一料金になります。

ここでは、水族館で魚たちを見るほかに、イルカやアシカのショーももちろん観覧できます。
普段はあまりみたことがない、アシカのナデナデタイムもあり(名前は勝手につけた)、観客の全員がアシカさんの体をさわさわすることができます。
ioも初めて触ってきました!
思ったより、柔らかくてしっとりしていました^^
ショーの時間をうまく使えば一日遊べるところです。

途中でよった道の駅

雲見オートキャンプ場から、下田海中水族館へ向かうルートの途中で道の駅発見!!

下賀茂温泉 湯の花という道の駅で、農林水産直売所では季節によって変わる新鮮な旬の野菜や海産物、加工品、民芸品などを販売しています。

静岡県では20番目の道の駅なんですって。

ここには足湯があります!!

お湯はかなり熱め!近くの水道からホースが伸びているので、それで水を出しながら恐るおそる入りました。

でも、疲れた足にはとっても気持ちよかった。
無料で入れますよ。
なんだよぉ、足拭きもってないよお、という方でも安心。100円で小さいタオルの自販機がありました。

下田海中水族館へはちょっと道のりがありますので、小さいお子様づれのファミリーはここで休憩をとってもいいかもしれませんね。

最後に

いかがでしたでしょうか。
伊豆は観光の名所なので、少し足をのばせばいろんな観光スポットがありますね。

観光のあと、またキャンプ場へ戻るという場合は、帰り際に買い物ができるルートを探していったほうがいいかもしれません。

遠すぎても、食材や氷が解けてしまうので、ぎりぎり近いところで探すのがベストですよ!!

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ