これから始めるキャンプ初心者必見!道具と忘れてはいけない持ち物は?

スポンサーリンク

キャンプは古くから親しまれているアウトドアのレジャーの一つで、一家団欒で楽しめるのが魅力です。

初心者の中にはキャンプに対して荷物をたくさん持っていくイメージを抱いている人も少なくありません。
しかし、家族で気軽に楽しむのであれば必要最低限の道具を揃えれば十分です。そこで今回は、初心者のファミリーキャンパーにおすすめの持ち物や必需品について紹介していきます。

宿泊をするためのテントと日差し避けのタープ

キャンプをする上で欠かすことのできない持ち物の代表とも言えるのがテントです。
需要の増加に伴って宿泊設備が整っているキャンピングカーで車中泊でキャンプをする人も増えてきましたね。

しかし、テントの設営もキャンプの醍醐味と言えるので本格的にアウトドアを楽しむのであればやはりテント泊をおすすめします。
とはいえ、一口にテントと言っても素材や形状が違うのはもちろん、値段もピンきりとなっています。テントは安くても宿泊に必要な広さや機能は確保されているので、家族の人数に合わせて余裕を持って寝られる広さの物を選ぶことが大切です。

https://aroma-drop.com/firsttent/
テントと共に忘れてはいけないのがタープになります。タープとは日差しや雨を防ぐ目的で使用するキャンプ道具の一つで、周囲に建物が無いことも多いキャンプ場で直射日光を避けるのに役立ちます。日中の日差しが強い夏場のキャンプにおいて、子供の熱中症を予防する意味でもタープは欠かせない道具と言っても過言ではありません。

初心者の私が、初心者の方へなんて烏滸がましいことを言うなや、なんて思わないで下さい。 初心者だからこそ、初心者の悩めるところの近くにい...

食事や料理を楽しむための道具類

食事はキャンプにおける楽しみの一つで、アウトドアの醍醐味でもある開放感の中で食べられる点が魅力と言えます。

キャンプでの食事といえば子供も喜ぶ定番のカレーから一家団欒で楽しめるバーベキューまで様々な物が挙げられますが、こうした料理に欠かせないのが火です。中にはアウトドアならではの焚き火を利用する形で調理をするという人も少なくありません。
焚き火は雰囲気もあり、テンションも上がるのですが、直火調理は鍋の底が煤で黒くなってしまうだけでなく、小さい子供がいる状況では安全面にも配慮することが求められたり、初心者では、調理となるとハードルが高いよう。

そこでおすすめとなる道具が簡易コンロです。簡易コンロであれば持ち運びもしやすく自宅と変わらない状態で調理ができるので子供がいても安心して使えます。

キャンプの時だけでなく、ディキャンプなどにも必ず行うBBQ。 家族でやるもよし、友達や仲間で大勢にぎやかにやるもよし、テンションがあが...

そのほかにも、お皿や箸といった食器類も忘れてはいけません。初心者のキャンパーにありがちなミスとして、人数分しか持って行かなかったことでアクシデントが起きた時に対応できないというケースがあります。
ファミリーでキャンプをする場合、子供の不注意で汚してしまうことも多いので、数に余裕を持っておくことをおすすめします。

こんにちは。ioです。 キャンプするベーと叫んでから買ったのはテント。 それから細々と道具をそろえていきました。 今回は、キャンプで使...

テーブルや椅子などもそろえよう

出典:コールマン

あとは、テーブルやいすなども必要です。
これも、どのようなスタイルにするかによって、揃える道具が変わってきます。
小さいお子様がいるなら、シートを引いてその上に座って食べる「お茶の間スタイル」。
焚き火などを眺めながらゆっくり過ごすなら、ロースタイル。大勢でわいわいやるなら立ちスタイルなどいろいろありますので、方向性が決まってから揃えた方が間違いは少ないです。

シュラフや寝袋などもね

出典:コールマン

夏の暑い日などは、テントの中が暑くなるので寝袋なんかいらないんじゃね?とお思いのあなた。
確かに標高の低い場所では夏の夜は暑さを感じるので、タオルケットなどでも大丈夫でしょう。

しかーしっ!

標高の高い場所や、春や秋などは昼間は汗ばむほどに暑くても、夜になるとかなり冷え込みます。そんな時にはタオルケット1枚じゃ震えます。確実に。

これからキャンプをしていくのであれば、1枚は持っていて損にはなりません。

必要な物以外の荷物は最低限に

初心者の中には、キャンプ場は何もないというイメージから、必要以上に多くの荷物を持ち込んでしまうケースは多くあります。
しかし、時代の移り変わりの中でキャンプ場も様々な形へと変化をしており、有料で道具の貸し出しを行うキャンプ場も少なくありません。
最初のうちは今回紹介した最低限必要な道具だけを持ち込んで、状況に応じて必要な道具を現地でレンタルする方法もあるので利用してみて下さいね。

キャンプしようぜーい。あのテントってどうなんだろ?一度つかってみた~い。 そんなキャンパーさんたちにおすすめなのが「キャンプ用品をレンタルしてくれるサイト」です。セットで貸してくれるところもあるので、そりゃもう手ぶらでだってキャンプをできるんですよ!

最後に

いかがでしたでしょうか。

今回はこれからキャンプを始める人が、「何を揃えたらいいの?」という疑問にお答えできるような内容にしてみました。

是非、参考にして自分のスタイルに合ったものを見つけていってください。
道具をそろえていくのも、キャンプの楽しみの一つです。
上記でご紹介したように、最初はレンタルで道具の感じをつかんでから実際に購入するのもいいかと思いますよ。

素敵なキャンプライフを♪

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ


スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)