柴犬つむぎの日々~クレートを購入したよ。~

スポンサーリンク
つむぎ日記

みなさんこんにちはioです。

ファミリーキャンプを始めて3年。

我が家に新しい家族、柴犬のつむぎが増えました。

これからは、つむぎとの日常の他にいつかは一緒に行くキャンプなどのことも書いていけたらいいなと思っております!

 

はじめてのおばあちゃんちに

つむぎがやってきてから、初めておばあちゃんの家に行くことになりました。

とはいっても、まだ普段はケージの中で昼寝をしており、ケージから出たときは

ヒャッハー!遊ぶぜ!

と鼻息を荒くしてしまい、寝ることがなく夜に疲れ切ってしまいます。

なので、普段も遊んだらケージにいれてお昼寝をさせているので、おばあちゃんではどうしたもんかと悩みました。

まさか、ケージを持っていくわけにはいかないし・・・。

 

そこで、クレートを買うことにしたのです。

クレートとは?バリケンと違うの?

クレートとは、いわゆるキャリーバッグのことです。バリケンとも言われていますが、バリケンとは正確にはバリケンネルといい、これはアメリカのpetmate社(ペットメイト)の商品名なんです。

バリケンが流通するつれ、同じようなものをバリケンと呼ぶようになったんですね。

↓これがバリケン(バリケンネル)です。

 

先ほども、クレートはキャリーバッグのことと書きましたがもう少し具体的にいうと、プラスチック製や金属製のものを指すことがほとんどです。

ソフトタイプのものなどは、あまりクレートとは呼ばず、キャリーバッグと表示されることが多いですね。

そして、バリケンネルはそこそこいいお値段です。

なので、我が家では安価なクレートを探すことにしました。

サイズはどれくらいがいいの?

キャリーバッグで失敗したので、こんどはちゃんと余裕をもって入れた方がいいといろいろサイトで確認しました。

キャリーバッグで失敗したのは下記の記事の中でわかります。

クレートは小さすぎるのはもちろん、広いからよかろうと大きいものでもダメです。

それは、実際に使ってみると実感しますが、クレートを持ち上げたときに、大きすぎるとワンコがクレートの中で大きく移動してしまいます。そうすると、バランスが崩れるので大きく揺れるので、落としてしまうような事故や、またクレート内でワンコがゴロゴロしてしまいます。

狭いのなんてかわそう!と思うかもしれませんが、もともと穴ぐらで眠っていたワンコにとってはちょっと狭い方が落ち着くんだそうですよ。

大きさの目安としては、クレートの中でお座りをした時に、頭がちょっと下がるぐらいがいいんだそうです。

たまたま、クレートを購入しました!という柴犬さんのサイトで画像が掲載されていたので、それを参考にしたりして、大きさを選びました。

そして、決めたのはこれ

 

これだと、上部も開くので、上からつむぎさんを入れることができます。

クレートに慣れさせよう

クレートを購入したら、クレートトレーニングをしましょう、とよく聞いていたので、

これは大変だ、トレーニングだ!

なんて思っていたのですが、つむぎさんは結構簡単に入ってくれました。

始めはおやつでつりながら入れようとした時には、頭だけ入れて後ろ足をビビーーンと伸ばしながらおっかなびっくりといった感じでしたが

今ではこんなです。

ズームしてみると・・・

・・・爆睡です。

やっぱり狭いとおちつくのかしら?

はれておばあちゃんちに行けました

結局、クレートには嫌がらずに入ってくれるので、これをもっておばあちゃんちに行くことができました。

だめもとでトイレトレーも持って行きましたが、成功したのは2回ぐらい。あとの5回ぐらいはフリーな感じでした(おいおい!)

このクレート、今後はキャンプに行くときにも使えそうです。

 

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 犬ブログ 赤柴犬へ
にほんブログ村


コメント

タイトルとURLをコピーしました