冬だからこそ!冬キャンプをおすすめするワケ

スポンサーリンク

こんにちは。

寒くなってくると、アウトドアスタイルに力を入れたくなるのでワクワクしてくるioです。
でも、キャンプとなると「へ?夏じゃない?」と思いがち。

中には、冬のキャンプこそキャンプだ!と豪語する方もいらっしゃるぐらい、冬キャンプってファンも多いのです。

今回は、冬キャンプの魅力や楽しむためのちょっとした工夫などをご紹介していきます。

キャンプ場、空いています

雪深い頃などは冬季は営業していない場所もありますが、通年営業しているキャンプ場は、やはり冬場は利用者が少なくなります。

そんな時、あの人気のキャンプ場、夏は予約でいっぱいだったわ!
というような場所でも、意外に冬はすんなりとれるところもあるんです。

料金も冬季割引があったり、フリーサイトの場合だと場所選び放題!広く使えるぅ♪なんてことも。

こんな時にこそ、のんびり、静かにキャンプライフを味わいたいですよね。

天気、安定しています

夏場は台風など、意外と天気が不安定な日が多いのです。
しかし、冬場は比較的天候が読みやすく、突然の豪雨!などはほとんどありません。
なので、準備や支度などで無駄な荷物を増えることもそんなにないといっていいでしょう。

冬ならではのこと、あります

冬といえば雪。雪といえば、スキーやスノーボードですよね。
キャンプ場が主催しているスキーやスノーボードのイベント参加も楽しいですよ。

また、雪が降った時にはみんなテンション上がりまくり!
キャンプしながら雪遊びなんて、ちょっと理想的な感じもしちゃいます。

大人も子どものころに戻ったような、純粋なあの気持ちを思い出すかもしれません・・・。

暖房器具、使えます(薪ストーブ)

使えます、って言い方も少しおかしな気もしますが、購入したあのストーブも寒くなければ出番がありません。

寒くなったら思い切り使いましょう!

薪ストーブはもうそれだけでキャンプムード満点!暖まるだけでなく、料理をするのにもテンションあがりますよね。

冬キャンプにあると便利なもの

寒い冬。寒いキャンプ場。
寒くて涙が出るほど辛かった・・・。

そんなことではせっかくの冬キャンプを楽しむことができません。そんな時に役に立つ寒さ対策アイテムをご紹介します。

カイロ

携帯カイロ

出典:ヨドバシカメラ

白金カイロ、あの懐かしささえ感じるこの携帯カイロは、ベンジンを注油すれば繰り返し使えます。使い捨てカイロよりも13倍の熱量で暖かい!!
低温火傷などしないように、使い方には十分気を付けてください。

バーナーストーブ

調理にも使えるし、暖もとれる。一度は手にしてみたいと思っているへっぽこなioも憧れる武井バーナー。

これが心置きなく使える冬キャンプ。楽しんでみたいものです。

湯たんぽ

お湯を入れるだけでいいという、エコなやつですね。
寝る前にシュラフにいれてもよし、お腹に抱えてポンポンあったか~い♪なんてのも。

ただ、直接肌につけたり、長時間同じ場所は避けてください。
低温火傷の原因になります。気を付けて!!

ペットボトルにお湯を入れて、タオルを巻けば、即席湯たんぽのできあがり!
ただ、熱に弱いペットボトルだとお湯を入れると変形の原因になります。
あっついお湯をいきなり入れないようにしてください。

最後に

いかがでしたか。

寒いからこそ行ってみたくなりませんか?
寒い中、暖かい焚き火の前での焼きマシュマロ、たまりませんなぁ。

ぜひ、みなさんも参考にして下さい^^

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ